忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

るつぼつぼ No.2

SALAMANDER社製の10kg坩堝を手に入れました。
ジョグジャの鋳造職人さんの話によると、
某社の坩堝は底が抜けたから、ちょっと値が張っても
SALAMANDER社の坩堝がよい。
底がぬけぬけ、るつぼつぼ。
そんな危険な話はないですね。
PR