忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

あの山の二階から

あの山が噴火して工房は硫黄臭と火山灰に包まれてしまった。
雨が降ると泥水が溜まり、晴れると灰が巻き散る。
人の手には負えないもの。
皮肉にも、この土地はこうやって肥沃に育ってきたんだなと実感させられる。時間が経つのを待とう。
作業用の防塵マスクが役立っています。
PR