忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

新作指輪を持ってさいたま新都心へ


今までほとんど作って来なかった指輪を作りました。
これは「3歳の猫と子」の指輪。

「ひとりの猫」ワックスにキュービックジルコニアを埋め込んで銀で鋳造しました。キュービックジルコニアが落ちないように、まぶたを少し落とした結果、素晴らしく変なお顔の猫になりました。1点ものです。二度と作れない。。

これも「ひとりの猫」
オッドアイ(左右の目の色が違う)の子です。

レア度は高いけれどおしゃれ度は低い。
今日と明日は16時まで在廊します!

ーーーー

「美しい土」
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00
作家在廊日11/15(16時迄)・16(16時迄)・18 (終日)
ギャラリー樟楠にて
PR

本日日曜在廊します


今日は10時からと14時からギャラリー内で鋳造のワークショップを行います! 本日18時ごろまで在廊します。
追加在廊・15日木曜日も、16時ごろまで在廊することになりました。17日土曜日は、時間未定でギャラリーに遊びに行く予定です。

西日がさす障子がすごくきれいですよ。写真の日は小雨で曇り。


「美しい土」
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00 火・水休み
作家在廊日11/9・11・15(16時迄)・16(16時迄)・18
ギャラリー樟楠にて

美しい土


写真は昨日の搬入中、鳥が立った!図。
無事に個展「美しい土」始まります。
今日は終日在廊します。
さいたま新都心の駅からコクーン内を突き抜けてちょっと歩くと、都会の真ん中に築114年の古民家があります。そこだけ違う時間が流れているようです。ギャラリーの雰囲気を味わいにいらして下さい。
ーーーーーー
美しい土
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00 火・水休み
作家在廊日11/9・11・16(16時迄)・18
--------------------------------------
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147
駐車場もございます。

明後日から「美しい土」in Gallery樟楠 さいたま新都心

慌ただしい日々がギュンギュン過ぎて、あっという間に明日搬入でございますー。


鋳造のワークショップも開催します。
詳細はギャラリーぺージへ
イカイカ鋳造イカ鋳造
 
--------------------------------------
美しい土
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00 火・水休み
作家在廊日11/9・11・16(16時迄)・18
--------------------------------------
ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町 1-147

山を超えー行こーうよ


梶浦聖子彫刻展「美しい土」ギャラリー樟楠(さいたま新都心)は、来週から!
新作をどうにかもう一個完成させたいけれど、まだこんな段階。どこまで出来るでしょうか。
写真を見て、鳥の目が怖いなとか反省会をしながら、今日は千葉の五井で開催中の私のアクセサリー展へ向かっています。本日終日在廊予定
なんだか慌ただし過ぎるけど、普段はゆるり暮らしてるから、こんなもんか。な。片道3時間、川をいくつ超えただろう

梶浦聖子鋳金のアクセサリー展
手づくりの心 砂田 
11月4日(日)まで ☆3日(土)はお休み
11:00~18:00



東京横断中 千葉でアクセサリー展


今日は電車で3時間、市原市五井へ搬入へ行きます!
アクセサリーだけの展示販売です。
往復6時間の旅、スーツケースを持っているし、小旅行気分です。

遊びながら楽しく作った新作はブロンズが多いです。
1点ものでーす! 11月2日(金)は在廊します。
ーーーーー
梶浦聖子 鋳金アクセサリー展
2018年10月27日(土)〜11月4日(日)※11月1日(木)定休
11:00~18:30
千葉県市原市五井中央西2-15-14 tel:0436-21-5818
手づくりの心 砂田
ーーーーー

真鍮のアクセサリーを作る教室 in ruriro


今月の教室は1名さま。2人で楽しく制作、私もおしゃべりしながら指輪を作りました。ボチボチ、モコモコした鳥!? ヘアゴムに付くそうです! 真鍮になった雰囲気を想像して作ったので真鍮になって、ぴったりしっくり、流石です。今日、送りましたよー!

今年の教室は11月10日(土)と12月12日(水)です。
14:00~15:30頃 ギャラリーruriro 2階
費用 ¥5000(コーヒー/お茶、茶菓子、材料費込み)
ご予約・お問い合わせはruriroもしくは私まで。

柿取り合戦


どうにかして枝先の甘い柿が食べたいのだ。
庭で鋳型を焼成しつつ、芋を焼いて、蚊に刺されながら、柿を取りました。蚊以外は秋ですな。

何か、こう、、


最近、絵を描くための何かネジのようなものがが外れたように感じていて、びっくりするような変な絵が自然に描けるようになった。これは、いいことでもあり、すごく困ったことでもある。
大事なデッサン力を失って行くような気もするけれど、柵もなくなっていく。頼まれた絵、上手く描けるか心配。

新しい出会い、新しい種類のお仕事


シンガーソングライターのkicoさんの3rdアルバム inochi no utaのジャケットデザインチームにアート担当として入れて頂きました。
そんな出会いからすっかり季子さんのファン。7月のライブに行って、季子さんの美しい声と優しい心 ー言葉にすると何とも普通ですがー に心奪われました。

ジャケットは、撮影に行った時に拾った白い羽根を地面で撮った写真だそうです。その写真をプリントしたものに、私が色鉛筆で色を塗りました。kicoさんが色が溢れ出すイメージなのだと言っていたので、そういうストーリーが出来ました。
手前味噌ですが、フォトグラファーもグラフィックデザイナーが素晴らしいので素晴らしい出来なんですよー! 人と作り出すっていいな。kicoさんってすごいな。応援しています。
こちらはトレイラーです。よかったら覗いてみて下さい。
https://youtu.be/Mp2ZmuVx1MU

個展「美しい土」


来月、さいたま新都心のギャラリー「ギャラリー樟楠」で個展を開催します。何日か在廊します。鋳造のワークショップもやるのでぜひ遊びにいらして下さい。

いつもよりちょっと急な展覧会の話があって、ふと思い浮かんだ個展のタイトルは「くもり鏡」でした。(神さまの名前みたいです)
「くもり鏡」ってどういう作品のDMがいいかなと考えながら、ギャラリー樟楠へ下見打ち合わせへ。すると「くもり鏡」というちょっとネガティブっぽい言葉はすっかりアタマから消え去り、出て来たのは「美しい土」。ギャラリーの建物が114歳にもなる風情のある民家なのです。美しい土は最初からずっと美しかったんじゃなくて、いろんな経験をしていろんなことを乗り越えて一周廻って「美しい土」に戻ったんだと思います。彫刻をメインに鋳金のアクセサリーも展示販売します。ワークショップは「イカ鋳造」です。お問い合わせはギャラリーへ
どうぞよろしくお願いします。

溶かすブーム


待っていた太陽が来たので、ワックスで作ってあった動物を日に充てて溶かす。
ワックスの配合によっても溶け方が違うし、半田ごてで別付けしたパーツは取れちゃうことが多い。
面白い表情よりおどろおどろしい表情が出てしまうことが多い。
死んでるんじゃなくて抜け殻っぽいのが作りたかったのです。
ま、負けた

龍が埋め込まれた蓋


20度を下回ると私は冬眠したくなるのですが、
11月の個展も決まったので、やるしかない!と思えてありがたいです。
11月9日〜18日 ギャラリー樟楠(さいたま新都心)
梶浦聖子個展「美しい土」
写真はKaimomoの新作。ブロンズで鋳造した龍を電熱器で温めてワックスの板の上に置くというお洒落な制作法を考えました。
アツアツの龍はワックスの中に、ひとりでに埋まっていきました!
これを龍ごと鋳造します。

これは何でしょう


朝出かける時、カーポートを見上げてこの子がいると少し嬉しい。
箱座り

横座り

通学見守り隊の一員だそうで、8時前にはここにいるのですが、猫なので暑い日、雨の日、気が向かない日はいないのです。

鳩山の工房で身につけたこと


夏の間は暑すぎて外での鋳造作業が出来ないので、草刈りも手抜きしていると、本当に庭は樹海になります。毎年9月になって死なないくらいの気温になったら鎌一本で庭を切り開きます。
今日は通り道が出来ました!

ところで柿がすっかり食べ頃ですー! こんな鈴なりになるもの??
夕飯は柿。と言いたいところ

台所の換気扇を通って蔦が台所に侵入してコーヒーメーカーを盗もうとしていたのでびっくりしました。面白いので、切らずにコーヒーメーカーを掴むことだけ止めさせました。
自然と面白く付き合うことを学んでいます。

せっせせっせ ロウ原型


やっと、ロウで作った原型が室温でとろけるという事態がない気温になってきたので、ロウで作品の原型を作っています。
石膏の外型はバラバラになっちまいましたが、どうにかなるものです。

Batik(バティック、インドネシアのろうけつ染め)用のロウを使っているのですが、これが最後の最後の1キロ。
あー、買い物にインドネシアへ行きたい。

作品ノート


自分のノートに見つけたメモ
たぶん、2012年の個展「バッハとクラゲ」のことだと思うけれど、、、シンプルだけど難しい方程式のようで、くだらなくて腰砕け。
あーそういうことか!!って、腑に落ちたことだけ覚えているけど、全然説得力なしです。コーランはボヨンってこと!? これ我ナリああ無情

愛の残り


結婚したばかりの二人が工房へ結婚指輪を作りに来てくれました。嬉しいひととき。二人らしい指輪の原型が出来ました。
私は二人が帰った後に机に残ってたワックスで顔を作りました。
この顔は新作の虫の顔になります。な、なんか笑える

今日は千葉の五井へ

今日はご縁あって千葉県の五井へ
私の作ったブローチが新しい土地と人々に出会わせてくれました。こういう流れは大事にしたいと思ふ。10月27日から11月4日展示します!

長い電車旅でもう一度エフブンノイチを熟読。
今日は田邊あさ子さんとのお茶会の話がフィットしました。

記事の筆者の視点の入り方が好き。


何ページか掲載します、が、これ読める?
オフィシャルサイトでの紹介は
http://ehubunnoichi.com/free/new
オンライン購入は
http://londel.thebase.in/items/12842980
あ、千葉から都心を通って、埼玉の似た景色のところに着いた!

すごくいいこと


1/f エフブンノイチ という雑誌に取材して頂く機会があり、
最新号 vol.6 『ひとりの時間 ~Solitude time~』に22ページにわたって特集していただきました!
こちらは雑誌の表紙。
「タテガミの匂いを嗅ぐ」というタイトルです。
いつだろういつだろう、確か5年くらい前に描いた絵です。
ロバっぽい動物や猫っぽい動物はよくモチーフとして登場するけれど、どうして二段重ね何だろう。。といつもながら他人事のように自分の絵を眺めました。
そう、「自分の作品を他人事のように語る」と記事の中の書いてあって、そんな事実を新鮮に受け止めました。
他のページも魅力的、トムネコゴという喫茶店の話がよかったです。
ご購入はオンラインはこちら↓ おすすめです!
http://londel.thebase.in/items/12842980

出来ました!


今月のruriroでの教室の作品が完成しました。素材と雰囲気が合ってて面白いです。今回の3つの生き物はなんか共通項があるけれど何だろう?おろし金は金属になって本物っぽくなりました。いや、それにしてもシュールで痺れます。