忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

葉書きを書く


時代に逆らってメールも携帯も止めてしまった友人に手紙のお返事を書いた。彼には葉っぱの葉書が似合うと思ったのだけど、定型外で送料が高いのは不本意なので、封筒に入れることにした。
着くまでに字が解読不能になったりするかもしれないけれど、そしたらまた、何て書いてあったの?ってヤギみたいな手紙が来るかもしれない。
PR

素敵なパン屋の看板


私の工房へ来てくれた人はだいたいお馴染みの、近所のパン屋さん「そのつ森」が移転します。移転先は、鳩山町の中でも最もトトロの森みたいな素晴らしきロケーションです。
現在の店舗は6月いっぱいでおしまいだそうです。

私は真鍮の字の看板を制作中! 今日はワックス原型が出来ました。
新店舗はカフェも併設するそうです。楽しみーーーー

Re-イカイカ鋳造


イカイカ鋳造のワークショップを再び開催します!
甲イカの骨を削って鋳型を作り、金属を溶かして自分で鋳造します。

日時:2019年6月22日(土)13:00~16:00
場所 ruriro(ルリロ)
費用:3000円(茶菓付き)
定員:6名(予約制。電話等でお問い合わせください。)
(満席になりました。ありがとうございます。)
どんな作品ができるかにゃ。お待ちしています。

ruriro
埼玉県川越市田町2-6
049-290-2391
東武東上線川越市駅徒歩2分
西武新宿線本川越駅徒歩8分
川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右手に郵便局を過ぎ、ファミリーマート手前の一軒家

エスカレート


フロッタージュ遊び

金属で作ってと頼まれた

鋳造するとしたら、5万円玉がいいかな?
エスカレートして、50億円玉をせがまれたけど、もう0の数が分からなくなってどうでもいい。
偽造はもうしません。

個展「山を脱ぐ、私を編む」ありがとうございました


2019年4月個展「山を脱ぐ、私を編む」無事に終了しました。
片付けてその日のうちに山の美しき場所へ。
いい空気を吸っていい景色を見て、しばしの休息。

遅くなりましたが、個展に足をお運び下さった皆さま、気にかけて下さった方々ありがとうございました。
今回2ヶ所リレー個展を企画して下さった銀座ギャラリーカメリアさんと川越のruriroさんに感謝しています。
山を見ながらの帰路、作品のことやもらった言葉、今回の出会いに思いを巡らせています。
GW明けからは次の個展に向けて動き出します! 2020年2月これまでで一番大きな個展が予定されています。これからもどうぞよろしくお願いします。

「イカイカ鋳造ワークショップ」

「イカイカ鋳造」のご報告!
個展中にruriroで「イカイカ鋳造」を2回開催させて頂きました。
個性豊かな作品の数々に触れることが出来て、私が一番楽しかったのではと思うくらいです。

鋳型はコウイカの骨、金属はピューターと銀の合金です。
「もう一回やりたい!」の声をたくさん頂いたので、ruriroでまた開催したいと思っています。

武器のような。イカ紋が生かされててかっこいいです

1個目はバラの花が流れず、茎と葉だけ。
2個目で完璧に完成したら1個目の失敗に意味を感じました。

木みたいな魚、魚みたいな木

鳥ちゃんの原画持参 尾っぽが流れず三度目の正直♡

繊細な線が作品になりました こちらも3個目できれいお地蔵さんができました

材料は骨なので、モチーフは耳にしたそうです。面白い。。

あっという間に鋳型を彫って完成 最年少7歳の名作です!

金属を流す口も作品の一部です 斜塔!

イカです!イカのゲソから金属を注入しました! 次回は10本足から注いでみたいです。

私はこの作品が最も印象的。細かいところが流れなかったのですが、これはこれでイカの骨から取り出さず作品にしたいとのこと。

いろんな方の考え方や感じ方に触れることができて、貴重な体験でした。ありがとうございました。

ruriro個展も終盤です


昨日は「イカイカ鋳造」ワークショップを開催しました。名作が勢揃いしたので、今度写真で公開します! 本日29日も第二回イカイカ鋳造ワークショップ開催します。今日は3名まで飛び入り参加可能です。
つながり個展も、今日明日で終了と思うと、ちょっと嬉しくちょっと寂しく、もぬけの殻になれそうな予感。あはハ
今日は12時から(途中ワークショップです、見学可能!)、明日は13時から川越市ruriroに在廊します。
どうぞよろしくお願いします。
東武東上線川越市(川越の隣駅ですよ)から、歩いて1~2分。ギャラリーの駐車場はございませんが、正面がコインパーキング、駅前には広大なコインパーキングがございます。

銀座と川越と、ときがわ町


晴れて2個目の個展が川越市のart space ruriroで本日始まります!
私は今日11時から16時頃まで在廊します。

同時開催、銀座一丁目のギャラリーカメリアは21日(日)までです。明日明後日とカメリアに在廊します。
20日(12~16時頃)21日(12~17時、17時終了です)

そして、さらに工房のある埼玉県比企郡のときがわ町でのアートイベント、Artokigawaにも出展します。
Artokigawa あ~ときがわvol.5
ときがわ町各所で繰り広げられるアート、クラフト、音楽、食のイベント
2019年4月20日(土)・21日(日)
httos://tokigawa.art
私は[Artokigawa公式ミュージアムショップ]羽工房に鋳金のアクセサリーを出展します。
会期中、こちらには出向けませんが、羽工房カフェもオープンするとのこと。春のときがわ町、おすすめです! あちらもこちらもどちらも、どうぞよろしくお願いします!

イカイカ鋳造イカ鋳造


イカイカ鋳造のお誘い

現在開催中の連続個展で、川越市のギャラリーruriroでは「イカイカ鋳造」と題した鋳造のワークショップを開催します。
ーーー
甲イカの骨を削って鋳型を作り、金属を溶かして自分で鋳造します。鋳造の流れと全体がわかるワークショップ。
費用:3000円(茶菓付き)
定員:6名(予約制)
ーーー
予定にある28日(日)は定員に達しましたので、29日(月・昭和の日)に6名の追加募集をすることになりました。

2019年4月29日(月)13:00~
ruriro 2階にて。

GWの鋳造遊びをしませんかー?きれいなイカ紋が出ます。ちょっとイカ焼きの香りもします。お待ちしています。
ご予約はruriroまで

個展開催中です 丸について

銀座のギャラリーカメリアで個展開催中ですが、続いて始まる川越のruriroの個展に出す作品が完成してないので、今日は工房へ。

廃蛍光灯を溶かしてやっと出来た丸玉。球にしたかったんだけど、赤血球みたいな形になってしもうた。
大丈夫大丈夫! これが何のパーツか?は、ぜひ19日以降ruriroへ見に来て下さい。ruriroでは現在 春のkupu-kupu 版画で巡るインドネシア 開催中です。私の2つの個展とのスタンプラリーもやっています。

そしてリューターでこの子の歯の黒いのを削りました。歯医者さんみたいで、、つい楽しくなって鼻先も磨いてしまい、違和感がある仕上がりに。ミッキーみたいに鼻先に丸が乗ってます。しかも光ってる!

今日に向けて冒険家だった


本日より21日まで銀座一丁目の奥野ビル5階のギャラリーカメリアで個展開催します(15日休み)
奥野ビルは1932年築のヘリテージ!?で、手動でエレベーターを開け締めします。搬入で何度も往復するうちに、慣れっこになりましたが、ちょっとしたわくわくです。建物のタイル、ギャラリーの床の質感、窓枠の色と把手のトンバック、部屋の隅の曲面など、マニアックですが、見どころたくさんです。
作品はこの一年をかけて、鳩山の工房で一人冒険してきたものです。「制作してきた」と言うより「冒険して来た」というのが合っている物体の数々に会いにいらして下さい。銀座と川越の2箇所で同時期開催ということにも意味があります。川越ruriroは、19日スタートです。
本日と明日は12:00から16:00頃までカメリアに在廊します。
次は土日に在廊予定です!
どうぞよろしくお願いします。

写真は冒険家が転がして運んだ鋳型。この中身がカメリアに展示されてるよ

個展「山を脱ぐ、私を編む」


個展が来週に迫ってきました。
今回は、ギャラリーカメリアとルリロの共同企画で、銀座と川越で時期をちょっとずらして開催されます。会期はかぶっているので、個展の2倍作品を作りました!
互いにつながりがあるように考えたので、ハシゴしてもらえるといいなー

梶浦聖子個展
「山を脱ぐ、私を編む」

☆ギャラリーカメリア [銀座]
2019年4月9日〜4月21日 12:00~19:00
 15日休廊 最終日17:00まで
https://www.gallerycamellia.jp/

☆ruriro ルリロ  [川越]
2019年4月19日〜4月30日 11:00~18:00 25日休廊 
https://ruriro.exblog.jp/


失敗が失敗でなくなる日、
成功が成功でなくなる日。
偶然が必然であり、奇遇にも
その偶然がやってくることを思って
制作しています。

梶浦聖子のギャラリーカメリアの在廊予定は
9日(火)12:00~16:00
10日(水)12:00~16:00
13日(土)12:00~17:00
14日(日)14:00~18:00(ギャラリートーク16:00~)
21日(日)12:00~17:00

☆14日(日)は16時から、作品のあれこれ、鋳造のあれこれ、インドネシアのことなどギャラリーでお話する予定です。

蒼鉛色の空のもと、生まれし瞬間


耐火石膏の鋳型に蒼鉛を流して、全部が固まる前に流し出しました。
※蒼鉛=ビスマス

湯口をハートにした意味はありません。
むしろゴミが乱入したような。。

壊れたけど、愛おしい。
こどもに見せたら、「死んでない!生きてるよ。生きてるけど苦しいと思う。」と宣った。

個展前のたわごと、独り言


来月の個展で使う素材はブロンズ、ガラス、樹脂、ビスマス、真鍮、蝋、ピューター、陶などなどなど。湯口は♡にすることにしました。

日当たりのいい窓辺に石膏の型を置いて固めていたら、なんとカーテンの重りが石膏の中に入って硬化完了していました。こりゃどうなるのかな。

樹脂はヌルっとして埋没したいものを固定するのが、ていへんでした。

残念無念


鋳造に失敗して、2日間かけて焼いた型は思ひ出となりました。
そういうこともあるので、気を取り直してススメ。。

鋳込みの準備は満を持して
ルツボに少しだけ釉薬を塗ってみたのが駄目だったのかい。
遊び心は時に失敗の始まり。
恒例の、「もう鋳造は辞めようと思う」一日間が過ぎました。

虫虫窯


啓蟄って本当に虫が出て来るんですね。
先日の窯と違って、今日の窯は点火するとワラワラと虫が出てゆきました。熱いよ熱いよーって。
レンガを動かすと虫が飛び出してきたり、薪といっしょにニョロニョロ虫がいたり、飛んで火に入る夏の虫みたいのが窯に入っていったり。一人で窯を焚いてるのにたくさんの生命体と交流しました。

お腹に黒い石を入れて鋳造した動物

黒い石を半分塗料で青く塗って、中子(中の型)に埋めました。
なのに、お腹の中から出てきたのは黒い石じゃなーい!
黒石も塗料だった?茶色?

リトルマガジン 1/f エフブンノイチ


雑誌エフブンノイチ 1/f の表紙イラストを描かせて頂きました。
今回のテーマは「旅」
いろんな捉え方があると思いますが、小舟で一人旅へ行く犬を描きました。
タイトルは「思いがあって行く」
旅は思いがあって行くもんですかな。ただブラリと思いつきで出たとしても。
薄っぺらい笹舟みたいな舟に乗って、左手には鍵を持って前を見据えています。
寂しそうに見えるかもしれませんが、実は強いんですこのワン。

誌面はシンガポールひとり旅の記事から始まります。
私も20代にシンガポールひとり旅の思い出がたくさんあるので、感情移入してしまいます。
なんでもスマホやタブレットで読める時代にこそ、この雑誌手に取って読んでみて欲しいです。
私は帯が付いた色合いが好き。「旅は寝かせて美味しくなる。」っていいね いいねいいね
「手のひらにあるもので編んでみた」って私が言ってるのかと思った。やっぱりこの雑誌好きです。
最新号 こちらで買えます
https://ehubunnoichi.com