忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

風吹く何でもない普通の一日


インドネシアで「空の高い南の町で」という展覧会企画を立てたんだけど、実現しなかったことを思い出した。
工房のある鳩山町も空高いし、町だな。南じゃないけれど、もっと北から見れば南だな。

明日、鵜の木 Gallery Hasu no hana、アーティストのブローチ展にお昼食べてから最後まで在廊致します。お待ちしています。
2月25日(土)最終日12時〜18時です。
http://www.hasunohana.net

珍しくseasonable


陶と鋳金のコラボレーション 梶百 kajimomo
は、それぞれの工房が岐阜と埼玉なので、郵送で作品が行ったり来たりしています。
昨日、到着した陶の新作のゆうパックにはカボチャがおまけで入っていました。
そんな訳で、楽しい制作をさせて頂きました。おーばーけー

コスモスとコントラバス


10月に入って、とんでもなく慌ただしい3週間を過ごしました。
久しぶりに公園へ行き、コスモスコスモス山山空空を見る。
そして夕方は世田谷のKYODO HOUSEへ。
松本かおるさんと山上渡さんのふたり展「もののあはれ」
オープニングの齋藤徹さんのコントラバスの演奏が忘れられません。

工房内お引越し


工房の日当たり良好な部屋から、比較的涼しい日陰の部屋へ、机やよく使う荷物を移動させました。これから10月まで夏仕様です。もう無理、日向。

こちらは一昨日行った友人のスタジオin高尾 いいところだったなぁ
カナカナ夏仕様だった

momo椿*のCDを聴きながら


アクセサリー展示用のショーケースをつくっています

今日、心に残った歌詞
「一人で生きていく覚悟もないのに」っていう優しい歌声
「あるところに、いいオオカミがいて、悪い羊にいじわるされてた」っていうお話みたいな。。。
いい感じです。

雪化粧


工房へ行く道。なんだか雪国みたい 
窯も火床も雪帽子を被って鋳込みどこでないかな

工房の雑草やボコボコしたもの(モグラが掘った)が全部隠されてとってもきれい。
雪化粧とはよく言った言葉だと思います。

ふたつ無事終了


京都高島屋での展示、無事に幕を閉じました。
会いに来て下さった皆さま、行こうかなと思って下さった皆さま、ありがとうございました。今日は曇りの鴨川を散歩してから、大阪へ。
今は大阪を通り過ぎて能勢電鉄妙見線に乗っています。
「のせでんアートライン妙見の森」も、無事に一ヶ月半の会期を終えました。
これから想い募る愛しの黒川公民館へ。

京の街へ


京都高島屋での展示は明日17時までです。

一人で京都へ来ています。知らない夜の街を歩く楽しみ。
今晩のお宿はドミトリー。一人NYへ行ってみたあの日を思い出しています。
ベッド下の段でよかった。

旅人展覧会は荷物が多い

のせでんに向けて、制作道具、作品、生活用品を送りました。

持って行く厳選された私の工具箱

スタッフ①の道具箱


寝袋も持ったしお鍋も持った。洗濯用のバケツも持ったし洗濯ピンチの持った。コップも持ったしポップコーンも持った。完璧なはず。

至福の一日


高松駅に到着して、迎えに来てくれた友人の車で友人の工房おうちへ。
まずは友達を集めてインドネシアお料理教室!
友、山、田、川、犬、猫、窓、愛、生きていく上で大事なものが全部揃っていて幸せでした。都会の生活、考えさせられます。と言っても都会には住んでないけれど。。
深夜高速バスで新宿に向かってます。バスが暴走族に囲まれていてうるさいです。ひー

天守閣からチンチン電車が見えたから


 
朝からケーブルカーに乗って松山城へ行きました。
お供のものは天守閣が気に入ったようで長居を強いられましたが、雨にも打たれず(予報は大雨雷)ミカンジュースを飲んで帰って来ました。
しおかぜ22号(アンパンマン列車)に乗って高松へ向かっています。
そうそう、乗りこなしていると思っていたチンチン電車ですが、駅まで来るのに松山市駅と松山駅を間違え乗り直し、あっという間に乗り過ごし、また乗り直し。一日券を遥か超える額を払いましたとさ。これぞ旅の醍醐味。

旅をしたかった


大阪と兵庫でいい出会いをして、10月にまた来る約束をして、バイバイしました。のせでんに乗って運転手さんにバイバイしてもらいました。新幹線さくら(顔が長かった)に乗って岡山へ、いしづち21号(偶然アンパンマン列車)に乗って本州とバイバイしました。思えば、インドネシアから帰国したあの日から一度も海を渡ってなかった。きれいだなぁ海。夕陽を浴びて列車が走る。

旅人


松本へ行って来ました。Domani展の岩崎貴宏さんの作品思い出しました。

秘境温泉へ行く途中、野生のお猿達に囲まれました。子猿がかわいい。

ここにも茅の輪発見。かぐやさんの完成度高い!

おやつは牛乳パン。
休暇終了にて、明日から制作頑張ります!
今月は二子玉川、8月は鶴ケ島、9月は高松、10月は兵庫へお邪魔いたします

今日という一日

今日は朝からナンを焼いて、家で採れた野菜でカレーを作って、グルグル巻いて食べました。かぐやへ行く途中、蜘蛛の巣に付いた水滴があまりに綺麗だったので、写真を撮りながら歩きました。なかなか進まぬ田舎道。

クモノスニツイタスイテキ ハ ネックレス ミタイ ョ。

かぐやへ到着すると、井上さんが「茅の輪」を作っていました。
芯は竹だそうです。すすすごい。視界に入る人工物は脚立だけ。

帰りはみんなが見送ってくれました。嬉しい景色。ここはどこだろう?

お寺で杏子を拾ってからバスに乗ることにしました。
お寺の案内を読んでみると、ここは愛馬家が来るところらしい。
あ、私も馬には乗らないけれど馬作るの好き。

またあった、クモノスネックレス

ガクガク額額


梶浦聖子展
Chiku Chiku Chocolate
早いもので今週の土日が最後です。
2015日6月27日(土)28日(日)11時から18時
私は土曜はお昼過ぎから夕方まで、日曜は終日、会場におります!
古民家ギャラリー かぐや

ところで、タカシマヤの会場となるアートサロンを見に行ったら、壁が美しく、光がキラキラしていて、いつもの私の展示感と違うので考え込んでしまいました。壁に無機的な銀色の額が必要という結論が出たので、世界堂へ銀色のパリッと四角い額を4つ買いに行きました。いざ、世界堂の4階!あまりに沢山のデザインの額があったので楽しくなって、よりどりみどり、4種類の額、しかも銀じゃない を買って来てしまいました。こんなことばかり。アワワ

あたふたあたふたもうすぐチクチクチョコレート


ある作品をガラスのケースに入れて展示しようと思い立ち、ガラスカッターでガラスを切ろうとしたら、変なところでガラスが割れちった。ナナメ折れガラスこれいかに。

今回の個展の場所はとっても個性的です。
展示は個人的な想いに焦点を当ててみようと思っています。
明日はお弁当持って展示に行ってきます。いざ出陣。