忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

すごくいいこと


1/f エフブンノイチ という雑誌に取材して頂く機会があり、
最新号 vol.6 『ひとりの時間 ~Solitude time~』に22ページにわたって特集していただきました!
こちらは雑誌の表紙。
「タテガミの匂いを嗅ぐ」というタイトルです。
いつだろういつだろう、確か5年くらい前に描いた絵です。
ロバっぽい動物や猫っぽい動物はよくモチーフとして登場するけれど、どうして二段重ね何だろう。。といつもながら他人事のように自分の絵を眺めました。
そう、「自分の作品を他人事のように語る」と記事の中の書いてあって、そんな事実を新鮮に受け止めました。
他のページも魅力的、トムネコゴという喫茶店の話がよかったです。
ご購入はオンラインはこちら↓ おすすめです!
http://londel.thebase.in/items/12842980
PR