忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

新作指輪を持ってさいたま新都心へ


今までほとんど作って来なかった指輪を作りました。
これは「3歳の猫と子」の指輪。

「ひとりの猫」ワックスにキュービックジルコニアを埋め込んで銀で鋳造しました。キュービックジルコニアが落ちないように、まぶたを少し落とした結果、素晴らしく変なお顔の猫になりました。1点ものです。二度と作れない。。

これも「ひとりの猫」
オッドアイ(左右の目の色が違う)の子です。

レア度は高いけれどおしゃれ度は低い。
今日と明日は16時まで在廊します!

ーーーー

「美しい土」
梶浦聖子 彫刻展
2018.11/9(金)- 11/18(日)
11:00-18:00
作家在廊日11/15(16時迄)・16(16時迄)・18 (終日)
ギャラリー樟楠にて
PR