忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

旅の第二章 完


旅の第二章は美しき里山のダリア園から

ここが今回の舞台。築111年の兵庫県指定景観形成重要建造物、黒川公民館

夕陽を浴びて列車が走る

運転手気分

窓の外にはいつも山の世話をしている人が見えた。愛される里山の出来方。

山と空と

インドネシアみたい。

窓の外が絵

国際的いろは坂

ケーブルカーを降りる頃、日は沈む

イモ掘り

鮎とおでんの温かさと人の温かさ

能勢電鉄妙見線

帰路。夜の新幹線で桃のアイスクリームを食べた。

私は展示作業を終えて一旦帰宅しましたが、展覧会は11月23日まで続いています。
「日本一」の里山発。ソーシャルアートの芸術祭
人と人 人と地域 地域と地域をつなぐ
のせでんアートライン妙見の森2015
どうぞ足をお運び下さい! 
人と山、こころにしみたたたたた
PR