忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

どどどどぴんく


春ですね。昨日、春生まれの春ちゃんというかわいい子に会いました。
ところで先週、近所をドライブしているとショッキングなピンク色の木が唐突に現れました。
だからショッキングピンクと言うのですね。
これは桃でしょうか、梅でしょうか。恥ずかしながら区別がつきません。
マンゴやパパイヤなら葉をちょっと見ただけで分かるようになりましたが。
そうそう最近、暮らしていたインドネシアが遠い国のような気がしてきました。

あの日、私は山のずっと向こうにある日本に思いを馳せていた。
今、私は海のずっと南にあるインドネシアのことを思っている。

一年間の熟成期間を経ると、思い出は形になることがあるのかもしれません。

よし、思ひ出シリーズはじめます。


PR