忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

何でもないこと

怒濤の一週間でした。ふへ


工房の木々を伐採することになりました。ショベルカーがやって来て、木々を根こそぎ(猫そぎ)エイヤーっとしました。

大家さんが駐車スペースを作って下さることになり、敷地内に車が3,4台停まれることになりました。

草木を除いて見ると広い庭にびっくりでした。80坪以上あるそうです。
火床や窯が丸見えになり、常に公開制作になりそうです。


タカシマヤさんへの搬入は宅急便になりました。持ちきれないので集荷に来てもらいました。先にデパートに行ってておくれ。

つかびれて帰宅すると、三毛猫が見下ろしていました。
かわいい
PR