忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

空の高い南の町で


インドネシアでの生活は
嫌なこともあって、
いいこともある。
いや、そんなこと当たり前だな。

ここで制作する不安と
ここでの制作が終わる不安が
赤と青だったら、それが混じって
きれいな空になる。

金属は熔けて固まる。
日が暮れるまでに
作品を作らなければならない。
PR