忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

イキモノスキダケドネ、

工房の床に今朝突然、高さ30cmの土山が出現した。棒でつんつんしてみると、中にはシロアリらが住んでいた。その土山と周辺にシロアリ退治薬を霧吹きでシュッシュすると、今度は窯の裏からヘビが出てきた。諦めて、石膏型にロウを流すことにして型を開けたら、クモの子供たちがいっぱい出てきた。雨が降ると、大きなカエルと小さなカエルがどこからともなく出てきて徘徊する。マンゴの木にいつもくっついているカメムシ。生き物好きだけど、こんなにいなくてもいいかも。
昨日、玄関前に作品を展示していたら、猫と羊が見に来た。あああううう。
猫は金魚みたいな匂いがした。

PR