忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

モーセの十戒の海のように草を


自分のいる地点から庭の窯があると思われる場所まで雑草を切り開いて進み、窯を見つけた。それから開墾。
毎年、夏の終わりにしょうがなく行われている儀式のようなもの。
夏は終わりました! 明日から鋳造の熱い熱い作業再開でーす!
PR