忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

鉄漿(お歯黒)これでいいのかな?


ちょうどいい大きさの素焼きの壺が売っていたので、
金属着色用のオハグロ液を作りました。
壺にAnggur Beras Putih(インドネシアの白米酒)をどぼどぼ入れる。
そして真っ赤に熱した鉄釘をその中にジュッと入れる。
秘密っぽく封印する。

PR