忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

なんということよ、400円とな

なんということよ
ジョグジャのMirotaというおみやげ物屋で高さ18cmの美しい鋳物をRp.40,000-で買いました。驚きは値段にあらず、なんと厚みが均一に1mm以下なのです。ロウで原型を作っているのは確かだけど、どこでどうやって鋳造しているのかな?
店員に尋ねてみたら「これは売れずにずっとここにあったから、知らないよ。」とのこと。
最近入荷したものだって知らないんじゃないの?
あっちこっち探せねばならないものを見つけてしまつた。
PR