忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

むまたった

どうにかして継ぎはぎの馬が立ったが、
次の瞬間すごい音を立てて崩れた。
溶接すべきか、鋳掛けすべきか、中に芯を入れてつなぐべきか、それともひもで縛っておくか、ボンドでくっつけちゃうか、ごはん粒でもはさんでおくか、悩みどころだ。
PR