忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

工房解体

工房で使っていた鉄の道具や地金の残りを金属回収屋さんに引き取ってもらいました。
ひとつひとつ思いでの道具が鉄の山に乗っかって、もう私の工房のものではなくなる。それはただの金属として大きな量りで体重測定され、現金に換えられる。
お、意外や意外、お財布に入らないくらいのお金になりました。
おおお、問答無用、思い出も現金に換えるのだ。
PR