忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

暇なひとり旅

なんで鋳金はこんなに時間がかかるのだろうか。
こんなに手間をかけてまで作るものだろうか。
そもそもなんでこんなことしているんだろうか。

この時間が作品が作品になるために必要な時間であり、そして、
あれ?わたし暇なのかな?暇だからこんなことしているんだっけ?
ああ、暇、暇、暇なんだ。やったね。
PR