忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

窯焚きぼーぼー作戦

今回は鋳型が小さいので30時間ほどの鋳型焼成。燃料は木の枝と木炭と豆炭。真ん中に扇風機の風取り込み口を作ってみました。最後は扇風機をブロアーに取り替えて、窯の温度は600度に達するはず。
はず。
PR