忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

ロストワックス鋳型作り


てて手が痛い
鋳造工程に入ると手がちぎれる。
最初はバンドエイドをして作業し始めるけど、気付くと取れて型に入ってるし、作業中盤だんだんそれどころじゃなくなって来て、最後は石膏が付いた道具をタワシで洗いながら、傷だらけの手もタワシで洗ってるし。右手が弱音をはくので困っている。がんばれ左手。
PR