忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

龍が埋め込まれた蓋


20度を下回ると私は冬眠したくなるのですが、
11月の個展も決まったので、やるしかない!と思えてありがたいです。
11月9日〜18日 ギャラリー樟楠(さいたま新都心)
梶浦聖子個展「美しい土」
写真はKaimomoの新作。ブロンズで鋳造した龍を電熱器で温めてワックスの板の上に置くというお洒落な制作法を考えました。
アツアツの龍はワックスの中に、ひとりでに埋まっていきました!
これを龍ごと鋳造します。
PR