忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

次の展示に向けて制作中 椅子の上に立ってみた


次は来月末、5月27日(土)、28日(日)クラフトフェアまつもとにmonasukyアクセサリーを中心に出展します。
33rd CRAFTS FAIR MATSUMOTO 2017
5月27日(土)11a.m.-5p.m.、28日(日)9a.m.-5p.m
あがたの森公園 長野県松本市

続いて、
伊勢丹新宿店✕白白庵企画
「新・男の逸品揃え 〜父の日茶会〜」
2017年5月31日(水)〜6月6日(火)
伊勢丹新宿本店本館5階キッチンダイニング/茶道具

「全国の気鋭作家たちによる男心をくすぐるアイテムを集積。」ということですが?!
男心くすぐれるのかな、、、。女心とか子供心の方がくすぐれそうですが、、、。が、頑張ります!



桜以外にも1年にこの時期だけ1週間くらいきれいな花を咲かせる植物いっぱいあるんだなぁ
PR

本日もロウ付け三昧


ロウ付け三昧で、やっとこさ1香炉、2食籠(じきろう)、2匣(はこ)が形になりました。あと磨いて色つけして、パッキングしてゆうパック!目標火曜日デス

明日は鋳金のワークショップです。どんな作品ができるか楽しみです。

色上げ


ブロンズの最後の工程、色上げです。毎度ギリギリですな。
今回展示するGallery Hasu no hanaには黒猫スタッフがいるので、この動物も黒にしました。黒は硫黄で付けます。本日、宅急便にてお先にギャラリーへ出発しました。
今週の土曜日、11日からです!!
アーティストのブローチ展vol.2
Hasu no hana

もう一仕事


虹の下の工房で何をしてたかと言うと、窯建てです。

埋没した鋳型を放置して年越しする訳には行かぬので、やることにしました!

点火 中身は小さめの石膏鋳型3個

奥が窯、手前が大根畑。

明日の鋳込みの金属を量る係の小さいおじさん

鋳型焼成2日目 ワイルド窯 700℃くらい(イメージ)
明日の朝は氷点下、温度差700℃。
鋳込み上手く行きますように

おしゃれ窯


鋳型焼成完了。燃料はいつも通り薪、木炭。後半燃料が足りなくなって来て、コークスも入れた。しまいにはダンボールも新聞紙も入れた!
今回は大事な型が一つ、明日鋳込みです

台風一家


工房がものすごい暴風域に入った時に、すっごい勢いでグラインダーで仕上げ作業をしました。外も家も暴風でした!
気付くと玄関が雨漏りでズブ濡れ。長靴の中に水が溜まっていました。
そういう日だな。

HODOの中

金属を熔かすところを火床(ほど)と言います。

車屋さんでもらってきたオイル缶の内側に耐火セメントを塗って作りました。

坩堝(るつぼ)とコークスが入った図。

下から送風
この後凹む
手袋は燃えたし、作品には穴が空いたし、暑いしさ

帰路 いつもの場所で振り返ったら工房に光が当たっているようできれいでした

わっホーい 秤!


熔かすブロンズの重さを量ったりしたいのですが、工房には秤がなくていつも私の感覚手秤だったのです。この前、鋳込みの時、準備したブロンズがギリギリで足りたか足りなかったかくらいだったので、一大発起。秤を買おうと思ったら意外と高かったので、諦めかけた矢先、ヤフオクで素敵な秤を発見して500円で落札。ありがたや、なんてかわいいのでしょう。昭和50年のシール発見。私より年上、私てんびん座。以前は何処で何を量って暮らしていたのでしょうか。

雨が待ってくれた鋳込み


昨日、今にも雨が降りそうな空のもと、せわしなく鋳込みの準備。
一人で持つのがやっとの重い鋳型と、鋳型を埋めたい場所の間に火床を設置してしまった以外は、成功。
※火床 ー 金属を熔かす場所
吹き終わるとすぐに雨雲がいらっしゃいました。
ありがとうございました。

今日も昨日と同じ日


暑くて熱いのは昨日と同じ。やってることも昨日と同じ。
ロウは出きったようなので、600度目指して薪をくべます。
後ろの草が窯の熱さに仰け反っているように見えますが、窯の周りだけ草刈りした結果です。大きくなりすぎたヨモギです。よもぎ餅のいい香り。
はーあ。

電気で溶解

お世話になっている精密鋳造屋さんで鋳型持ち込み鋳造させて頂きました!

普段はインゴットを作るための溶解炉

見ているだけで灼熱坩堝

ブリキバケツに鋳型を入れて融けたブロンズを流し込みました。
ラララ大成功 ありがとうございました。