忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

なんでも運べる


とりあえずアルミになったので石膏原型をバイクで持ち帰る。
石膏なのに荷物ヒモでグイーンと縛ってくれてドキドキする。
ダンボールがへしゃげとるよ。。

無事に運べたので、調子に乗って欲しかった椅子を買いに行くと、そこでも荷物ヒモでガッチリ後ろに固定してくれました。

これはバティック(ろうけつ染め)する時用の椅子。
展覧会で猫の作品を座らせるのにピッタリのサイズなので、がんばって持ち帰ります!
PR