忍者ブログ

monasuky

monasukyのJagung Bakar。インドネシアの空の下で鋳金作品を猫と一緒にトウモロコシを焼きながら諦めずに作る、その記録。されど技法、なかれど技術、永い道のり完成は見えると遠のく。

窯焚きしながら畑シゴト


大根の芽が出てきたら、カイワレみたいでかわいかった。
畑の形も場所も季節によって変わります。
今日は、枯れ草の間からジャガイモの苗が頭を出してるのを発見したので、ジャガイモの周りをきれいに刈ってジャガイモの陣地を作りました。ここは出て来たもの勝ち。空いている場所で鋳造の作業をします。

場所と作物を決めて畑をやるのではなくて、何かが出てきたらそこが畑になるって考え方いいなって思ったけど、そううまくは行かないの? おおお、ジャガイモは冬出来ないんだって。

鳩山町の明日の朝は気温0度です! ジャガイモ間違えたんだ?
PR